メニュー
『本を贈る』
本は工業的に生産され、消費されている。本は確かに商品だが、宛先のある「贈りもの」でもある。「贈る」ように本をつくり、本を届ける10人それぞれの手による珠玉の小論集。

この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。