メニュー
『いっちばん しゃばけシリーズ 7 (新潮文庫)』
兄の松之助が長崎屋を出て所帯を持ち、親友の栄吉は菓子作りの修業へ。普段から病弱な若だんなは、さらに寂しそう。妖たちは若だんなを慰めようと、競って贈り物探しに出かけるが。長崎屋と商売がたきの品比べに、お雛をめぐる恋の鞘当て、果ては若だんなと大天狗の知恵比べ―さて勝負の行方はいかに?シリーズ第七弾は、一太郎の成長が微笑ましく、妖たちの暴走も痛快な全五編。

  • この一作のみならず、ホントはシリーズ全体のイメージとしても、曲の優しい旋律がほのぼのとしたこの物語のイメージにピッタリだと思って選曲しました。

    『独りじゃないよ
    何も出来ないけど
    辛い時こそ誰かと支え合って
    頑張って欲しい 乗り越えて欲しい
    届いて欲しいこの気持ち
    あなたに贈る歌
    私にできること……♪』

    病弱で寝込んでばかりの若だんなですが、その優しさも然る事乍ら、ちゃんと確り寝込んでばかりの自分にも出来る事は何か無いかと、常々模索し乍事にあたっている姿に応援の意味も込めて贈ってあげたい曲です。

    特にこの今作内では、若だんなが奉公に出ている親友の栄吉さんを応援する気持ちにも似ているのかなと思います。

    優しい若だんなと愉快な妖達の今後のお話も楽しみです✨
     6   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。