メニュー
蜘蛛の糸・杜子春

  • 本作内の「杜子春」に対する選曲です。

    一度は大金持ちとなった杜子春でしたが、人付き合いに疲れてしまいます。

    そんな彼が選んだ道は仙人となることでした。
    仙人になるためには、たとえ何があっても一言も発してはいけない。

    氷の壁は試練であり、修行中の杜子春だと思いました。
  • 本作中の「蜘蛛の糸」に対する選曲です。

    利己的な考えや発言をしていなければ、蜘蛛の糸は切れずに済んだだろう。

    地獄に逆戻りしたカンダタを待ち受けるのは、こんな日々なんだろう。
  • 本作内の「犬と笛」に対する選曲です。

    作詞家の方が愛犬に向けて書かれた曲だそうです。

    犬が好きで、「嗅げ」「噛め」「飛べ」をもらった髪長彦は、3匹をうまく使い姫を助ける。

    犬好きに加え、優秀な3匹の犬を大切にすることは間違いないだろう。