メニュー
カラフル
生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになるのだが...。不朽の名作ついに登場。

  • 天使が差しだした傘から、太陽を束にしたような強烈な光が溢れだす。

    彼は無機質な青い瞳をこちらに向けながら、への字にしていた口を開く。

    「全ての世界に光が射しますように。
    そして、いつの日か、犯してしまった過ちごとこの世界を愛せますように。

    自分自身の過ちを、罪を、全て償える日が来ますように。」

    そして最後に、「この光があなたの胸に響き、新たな物語を紡げるような未来がやって来ますように。」と。
  • 子供から大人になる微妙な年齢の主人公の不満や葛藤が、ジュディマリのYUKIちゃんのハイトーンで切ない歌声にピッタリ。
    夢も壊れそうだけど、現実も壊れてしまいそうだと震える夜。どこに向かえばいいのかわからない思春期特有のあの気持ち。
    ジュディマリを知らない世代の人にもこの曲は聴いてほしいし、大人でも楽しめる児童小説なので知らない人はチェックしてみてね。
  • 生きていたんだよな。
    過去の自分と新しい自分との決別。
    そんな瞬間がどこか歌詞とリンクするようなしないような…。
    生きることに関してとても力強さを感じる一曲かなと思いました。