メニュー
スノードーム
ある日、若い科学者クリストファーが姿を消した。彼は、ひたすら「光の減速器」の研究を続ける、ちょっと変わった青年だった。失踪の際、彼は同僚のチャーリーにある原稿を残した。そこには、不思議な物語が綴られていた。彼が残した物語は、真実か、それともまったくの空想か。

  • 光は、深い闇から生まれる。
    それゆえに、優れた作家は、時に底なしの闇を抱えている。

    高圧的で異形の男が生み出した繊細な細工たちは、
    彼の心までも自由に動かすことはできなかった。

    異形に生まれたことが、彼の不幸であったのではない。
    異形でも愛嬌があれば、運命は好転していたことだろう。
    「誰も愛することができなかった」という事実こそが、
    彼にとっての最大の不幸だったのだ。

    作品として偶像化された踊り子は、人知れぬところで涙を流す。
    それは枯れ果てた硝子越しの地面を伝って、色のない世界に光を与えることだろう。