メニュー
この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ
某有名書店の“型破り”書店員による初エッセイ。

  • 人の日常の駄目でおかしみのある部分をありのままに表現している。前ばっかり向いていられる人間なんていない。イライラするし、人や自分を嫌いになったりもする。
    「僕はバイトしてます」
    私は書店員してます