メニュー
夢を与える
その時、私の人生が崩れていく爆音が聞こえた―チャイルドモデルだった美しい少女・夕子。彼女は、母の念願通り大手事務所に入り、ついにブレイクするのだが。夕子の栄光と失墜の果てを描く初の長編。

  • 「かいかぶられていつだって 心開ける人はなく気がつけば一人きり」
    華やかなようで満たされない、孤独な気持ちと
    「チャイドル」が主人公のこの小説を重ねてみた。

    特に主人公と母親の関係性にも思うところがあり、
    「母の優しき面影を~」のフレーズがひっかかったなぁ。