メニュー
ダブルマリッジ The Double Marriage
大手商社五井商事の部長、桂木憲一がパスポートの申請のために戸籍騰本をとると、婚姻欄に、妻の名前と並んで、「ロペス・マリア」なるフィリピン人女性の名前が入っていた。いったいどういうことなのか。戸籍が乗っ取られたのか?そもそも、日本では重婚は認められていないはずではないか?市役所市民課の山下という課長補佐に問い合わせると、「刑法には重婚罪がありますが、民法では『配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない』として、当事者がその取消しを請求できると定めているだけですから、請求がなければそのままです」との驚くべき返事が返ってきたのだった―。

  • 知らぬ間に自分の戸籍に、妻としてフィリピン人女性の名前と、その女性の子どもまで登録されている。
    「東と西は混沌に満ち」じゃないけど、カオスとパワーを感じる歌に。

    「傷跡だけ残った歴史の中から何を学んだの」
    重たいけれど、国際情勢や法律の流れも絡んでとても面白かった。
    日本人男性とフィリピン人女性のあいだにうまれた子どもが10万人で、「日本国籍」をもち、スラムで暮らす子たちは…?

    「そびえ立つビルの森 孤独な夜の光が 
    幾千もの瞳を照らしてる」
    日本の繁華街で生き抜くフィリピン女性か、その子どもか。
    発展している首都マニラと対照的に、国で必死に生きている人たちか。

    この歌は「守るべきものは愛という名の誇り」というフレーズで締めて、後味がよさそうなのでこの歌に・・