メニュー
青が破れる
その冬、おれの身近で三人の大切なひとが死んだ――著者デビュー作遂に文庫化!対談=尾崎世界観氏、マンガ=マキヒロチ氏を併録。

  • ハルオととう子さんはなぜずっとモヤモヤとお互いのことを気にしながらケンカ?してるのか正直わからなかったが、そんな二人の心情を表現しているのではと思いJUJUの素直になれたらを選曲。
    "いつだって本当はずっとI wanna say I love you"
  • 文字通り「ボロボロ」のハルオは、夜が近付く空を見上げる。心のどこかでは、美しい最終回を信じていた。だから明日に向かう電車に、惰性で乗り込んでいたのだけれど、もうここで降りてしまおう...そんな情景が浮かんだ。
  • 熱量がある本ではないけど、読み終えると心に残るものがあります。
    その気持ちをうまく言葉にできないけれど、この曲が代わりに語ってくれた気がします。
    悲しくてせつないのに爽やかさがある、そんな組み合わせです。

    映画みたいにはいかない結末に僕は何を想うのか、ぜひ読んでみてほしいです。