メニュー
灯台守の話
孤児シルバーと悩める牧師ダークの魂の遍歴

  • 孤児としてこの世に生を受けたシルバーは、普通とは違う生い立ちを経たせいか、
    周囲とうまく溶け込むことが出来ず、しまいには精神病院行きになってしまう。
    彼女の言葉は適切に処理されず、ちゃんと聞いてもらえない。

    ピュー、もといバベル・ダークは、暴力的な姿と、慈愛を授ける二つの分離した心に苦しんでいた。
    彼の心情は、たびたび「ジキルとハイド」に例えられる。

    pollyが奏でるノイジーな音は、息ができないほどの孤独に悩んだ人間だけしか表現できない、潮騒だ。
    「泣きたいと笑っていた僕は誰だ」。

    深淵からの叫びが聞こえてくる。
    なんて残酷で、美しい調べなのだろうか。