メニュー
いなくなれ、群青
11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎...。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。「階段島」シリーズ、開幕。

  • 「夢見てるから儚くて 探すから見つからなくて」
    突然、放り込まれた階段島。
    そこにいる人々は島に来るまでの記憶がなくて、「なくしたものを探さないと出られない」という島。
    悲観主義の主人公や舞台と重なる。

    ネタバレになるけれど、サビとラストがしっくり!
  • 彼が別れた彼と、彼女が別れた彼女が、別の場所で出会ってしまう。そこにこの曲とのリンクを感じました。

    また、理由もなく、ピアノが似合う小説だと思いました。
  • 忘れることのできるはずもない色を知ってしまったんだと…
    これを聴いた時に七草が浮かびました。
    挿入歌のような曲と歌詞!