メニュー
青天の霹靂
学歴もなければ、金もなく、恋人もいない三十五歳の晴夫。一流マジシャンを目指したはずが、十七年間場末のマジックバーから抜け出すことができない。そんなある日、テレビ番組のオーディションではじめて将来への希望を抱く。だが、警察からの思いもかけない電話で、晴夫の運命が、突如、大きく舵を切る―。人生の奇跡を瑞々しく描く長編小説。

  • 【主題歌から本へ】/ネタバレあり
    わりと歌詞が、そのまんまマッチングする小説だなぁという印象。
    「誰もが『生きる奇跡』 産まれてきた ただそれだけで 愛されてる証」が、オチとぴったり。
    ラストがいい意味のどんでん返しだった。
    とても読みやすいので、読書初心者向けかな?