メニュー
劇場
一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。大切な誰かを想う切なくも胸に迫る恋愛小説。

  • 又吉さん、ひどいよ。どうしてこんな小説を書いてしまったんだ。弱い男だから泣いてしまうよ。

    創作にとり憑かれた、弱い男の弱い部分。それをただ嘲笑うのではなく、しっかり認めている心情も文章から感じる。だからこそ、余計に読むのが辛い。