メニュー
さがしもの
「その本を見つけてくれなけりゃ、死ぬに死ねないよ」、病床のおばあちゃんに頼まれた一冊を求め奔走した少女の日を描く「さがしもの」。初めて売った古本と思わぬ再会を果たす「旅する本」。持ち主不明の詩集に挟まれた別れの言葉「手紙」など九つの本の物語。無限に広がる書物の宇宙で偶然出会ったことばの魔法はあなたの人生も動かし始める。

  • 本との出会いは、運命しか言いようがない。

    今日本屋で出会った一冊が、次の日にも出会えるとは限らない。
    たとえ、どこでも手に入るベストセラーであったとしてもだ。

    それは、人との出会いと似ている。
    新しいものが次々と生まれては消え、一部の限られたものだけが目に留まり、新たな出会いを紡いでゆく。

    『閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて 
    きっときっとって 僕を動かしてる』

    どんな理不尽なことでも、受け入れて乗り越えることができる力。
    明るく開き直って生きることができるほど、強い力。

    そんなおまじないがこの物語にあるのだと、思いたい。