メニュー
忘られのリメメント
他者の記憶を擬似体験できるようになった近未来。記憶を売る“憶え手”の宵野深菜に、死んだはずの殺人鬼アサクノの影が忍び寄る。記憶と擬憶をめぐる、静謐なるSFサスペンス。

  • 『終わりのない 永遠の焦り』とは、
    すなわち電子の海を泳ぎ続ける知的生命体のことか。

    眠らせた『あの合図』とは、
    深菜の記憶の引き金のことだ。

    二人は海月のように揺らめいて、
    記憶の中へと取り込まれてゆく。

    それを永遠と呼ぶのなら、
    神の記憶とは、なんて残酷なのだろうか。