メニュー
いるいないみらい
目の前に潜むもう一つの景色、影。歳を重ねることは影の深淵さを見つめること。日常が別の世界に見えてくる珠玉の短編集。

  • あちこちで「そう君じゃなきゃ 君じゃなきゃ」がつたわる、やさしい話。
    【ネタバレ含む】
    夫は子どもがほしいけど、自分はほしくない...
    「違う人と結婚したほうが幸せじゃない?」と切り出したら、
    「ばか」
    「子どもがいなくても僕は知佳ちゃんとずっと暮らしていきたいと思ってるんだから」という台詞が決め手。
    時に僕が窮屈そうに囚われてる考えことに なんてことのない一言で この心を自由にしてしまう...♪

    子どもがきらいな女性が、
    かわいくないこともない、と思える瞬間。
    「この赤ん坊が今、笑いかけているのは、この世界で自分だけだと思うと」
    と。

    養子として迎えられた生育歴のある女性が、この両親のもとでよかった、とか。

    「ふとした瞬間に同じこと考えてたりして」は、パン屋夫婦がうかんで微笑ましい。

    君と僕が重ねてきた~♪は、
    血がつながらない親子だったり、
    夫婦だったり。