メニュー
もうひとつのワンダー
顔に障害のある男の子に出会った3人の物語

  • 読書会で、この本に『ものさしは自分の中にある』という帯がつき、この曲を連想しました。

    いじめの被害者、あるいは加害者になることは誰にでも起こりうると思います。そうなった時に「これは自分のものさし(意思)なのか?」と考えるようになる本です。