メニュー
新装版 ハゲタカ
不良債権を抱え瀕死状態にある企業の株や債券を買い叩き、手中に収めた企業を再生し莫大な利益をあげる、それがバルチャー(ハゲタカ)・ビジネスだ。ニューヨークの投資ファンド運営会社社長・鷲津政彦は、不景気に苦しむ日本に舞い戻り、強烈な妨害や反発を受けながらも、次々と企業買収の成果を上げていった。

  • 【主題歌から本へ】SINGLES...お一人様より孤独な、お一人様「たち」。

    SINGLEじゃなくて、SINGLE「S」
    別れてお一人様になったのに、お二人様の残像が消えない歌で、
    タイトルと絡めて、衝撃をうけた歌。

    で、なんでバリバリ企業買収するドラマとタイアップされたんだ?と原作小説をよむ。
    アル中の配偶者を支える夫婦、あぁずっとお一人様たちで来たツケなんだなとか。
    別れたパートナー、同僚、かつての切ない思い出...見方によっては、至るところで、「お一人様」たちが見受けられる。

    コテコテにセンチメンタルなラブソングとタイアップすると、
    ガツガツした経済小説も、少し情緒的に楽しめそう。笑