メニュー
『終末のフール』
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

  • BurnoutSyndromesの「ラブレター」と迷ったのですが、「ノストラダムスより愛を込めて」のところで、「死んでも死なない」という台詞が蘇ってきて、この選曲にしました。
     9   0
  • この曲を聴くたびに、心地よい涙がでます。
     9   1
     8   0
  • 『生きていたいと願う この星が違う生き物を選んで 明日になって もう僕はいなくて
    大事なモノを失くした場所を 僕は目指して
    体じゃ足りない位 生きて
    両眼じゃ足りない位 夢を見たい

    夢は嫌いです 雨は嫌いです それを守る人や街が嫌いです 有りと有らゆる悪を嫌うと
    何故か自分の事も嫌いになった日』
     7   0
     7   0
     5   0
     5   0
  • この曲も世界が壊れていく中での恋人を描いた曲です。この小説と合っていると思いました!
     3   2
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。