メニュー
『AX アックス』
最強の殺し屋は――恐妻家。 殺し屋シリーズ最新作!

  • 主人公は「けんかをやめたい」と思っている。「目には目を歯には歯を」(歌詞)という殺伐とした世界からは足を洗いたい。「慣れかけている灰色の毎日」に終止符を打ちたい。しかし「簡単なスタート」「困難なエンド」とあるように、足を踏み入れるのいつの間にかでも、そこから抜け出すには大いなる決意と代償を必要とする。
    「けんかをやめたい」理由、そして代償を払ってでも守りたかったものとは。
    これは一人の男のけんかのやめかたの物語。
     16   1
  • 大切な人がいて幸せなんだけど、その人や過ごす日々を守れるか不安で、殺し屋として足を洗いたいと思っている。そして、大切な人と共に生きて笑っていてほしいと願っている。それでもっと「やさしくなりたい」「強くなりたい」と心から思っている
     15   1
  • BGMeetingの選曲です。
     12   0
  • 恐妻家の殺し屋の日常、あるいは彼の理想の父親は、こういうノー天気な雰囲気の中にあると感じさせる。間抜けな語り口の中に、ごくたまに見切った警句を入れる作者の技量、飽きることなく読み終わってしまいました。
     12   0
  • わたしの中でAXのイメージは、「愛の挨拶」エルガーのクラシックピアノ曲です。

    p304の『その通り』あたりから入って、真っ黒な画面でエンドロールが流れ切った後に、兜(判子)の三宅夫妻の出会いのシーンが流れて終わるイメージがあります。

    全体的なストーリーが他の殺し屋シリーズとは違ってゆったりしたスピードなのと、家族に焦点を当てしかも結果的に父と息子で医者を倒すという、読後感に形容し難いかたちの何かを感じた時、この曲が浮かびました。
    わたしの中で伊坂作品は、クラシックのイメージが強いです。
    魔王あたりからずっとそうなので、無意識のルールなのかもしれません。

    この「愛の挨拶」は朝のようなイメージの楽曲ですが、曲全体は兜の平凡な殺し屋としての人生(暗)です。
    その中でも中盤ト長調になるところ、本来なら暗く聞こえる箇所が兜にとっての家族の存在(明)なのだろうと、裏返して聞いてみると面白いなあと感じました。

    わたしのイメージソングの発想が、読んだ時の感覚と曲調がハマるかどうかなのでもやっとした理由でお恥ずかしいですが、一度聞いてみていただきたいです。
     11   1
  • 殺し屋というキーワードから
     8   0
  • BGMeetingの選曲です。
     8   0
  • BGMeetingの選曲です。
     8   0
  • BGMeetingの選曲です。
     8   0
  • BGMeetingの選曲です。
     6   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。