メニュー
『砂漠 (実業之日本社文庫)』
仙台市の大学に進学した春、なにごとにもさめた青年の北村は四人の学生と知り合った。少し軽薄な鳥井、不思議な力が使える南、とびきり美人の東堂、極端に熱くまっすぐな西嶋。麻雀に勤しみ合コンに励み、犯罪者だって追いかける。一瞬で過ぎる日常は、光と痛みと、小さな奇跡でできていた―。実業之日本社文庫限定の書き下ろしあとがき収録!明日の自分が愛おしくなる、一生モノの物語。

  • どこまでもまっすぐ突き抜ける男、西嶋。
    彼に振り回されながらも、どこか幸せそうな笑みを浮かべる四人。
    そんな彼らの、とても贅沢な「青春のモラトリアム」を称賛して、汗水垂らして力強く歌い上げるこの曲を贈りたい。
     6   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。