メニュー

  • 「ハッピーエンドじゃない小説」=「不幸な物語」ではない。

    嵐のような結末の先に、うっすらとでも希望を見ることができればいい。