メニュー
『明日の子供たち (幻冬舎文庫)』

  • 杏里のように施設に入っていることを話すと
    友だちが離れていってしまううかもしれないと思い、中々打明けられない子もいる。

    サビの

    I just keep it inside keep it inside
    口には出せなくて
    I got something to hide something to hide
    言うのが恐くて
    I just keep it inside keep it inside
    誰も知らなくていい
    I got something to hide something to hide
    俺に構わないで

    は、そんな心情ではないかと思いました。
     8   0
  • 施設の子はかわいそうと思われたくない
    正しく理解してほしいという思いで作られた本作品

    歌詞になぞって、そんなイメージを
    ぶち壊せ ぶっ飛ばせ
    そのために
    立ち上がれ 立ち向かえ

    と鼓舞しているように感じました。

     7   0
  • 施設で暮らす彼らにとってはそこが“安心できる場所”であり、”帰れる場所”なんだと思い、選びました。
     6   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。