メニュー
光の帝国―常野物語

  • その翼は汚れていて、他人が触れるのを怖がるかもしれない。皆が気軽に口ずさむ歌のように、華麗に広がることはないだろう。ならば、どうするか。