メニュー
『コンビニ人間』
36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが...。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

  • まともじゃなくてもいいじゃない、問題児でもいいじゃない。
    オンリーワンなキャラクターが魅力のきゃりーぱみゅぱみゅ、コンピューターサウンドたっぷりの人工的な雰囲気も、この小説にぴったりです。
    ヒロインの恋の相手はもちろんコンビニ。相思相愛、永遠の愛です。
     19   1
  • 変わり者を理由に周囲から否定され、気持ち悪がれても「自分らしく生きる」信念と誇りが『this is me』の歌詞や映画の登場人物と重なりました。
    曲の中で少しずつドラムの音が大きくなっていくのが、物語の終盤で主人公が再びコンビニの音を身体に入れ、コンビニ人間魂がくすぶられ、復活を決める胸の鼓動にぴったりだと感じました。
     18   0
  • 「皆が不思議がる部分を、自分の人生から消去していく。それが治るということなのかもしれない。」 心に響いた一節。「普通」とは違う生き方で足りている主人公。彼女に「普通」であってほしいと願う(無意識に強いる)周囲の人たち。 本書は知らないうちに多くの人が従っている掟「普通」の存在を浮き彫りにし、まるで眼科の診察時にあまりに近すぎて普段意識して見ることのない瞼の裏側に光を当てられた時のような不慣れな居心地の悪さを体験できる実に稀有で「気持ち悪い」小説だ。 主題歌は坂本慎太郎『まともがわからない』。まとも、とは?

    ブログも書いています。
    「僕たちがとらわれている「普通」について(村田沙耶香『コンビニ人間』感想文)」
    https://reajoy.net/book-report/24/
     18   0
  • 他の誰かの正解は君の答えじゃない。
    それぞれの複雑な数式の答えはきっともう君も出てるんだろう。
     17   0
  • マジョリティが良しとする「普通」がはびこる社会。
    そんな現代社会は、主人公が、ありのままで生きることを認めない。
    『everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~』の歌詞と共に、このアップテンポのメロディーは、自分の生き方を再発見した主人公の気持ちとピッタリだ!

    今回、残念ながらBGMeetingに参加できないので、想いをここに託します!
     15   0
  • ちょっとベタですし、有名な曲なんですけど普通=大多数=マジョリティですよね。歌詞もそれなりにハマっていると思う。
     13   0
  • 『人生は苦痛ですか? 成功が全てですか?』

    自分の天職を見つけた主人公を 私は立派だと思いました。
    成功って他人が決めること?「普通」の基準って何なんでしょうね…。
     11   0
     10   0
  • とても正しく生活し仕事して仕事のために睡眠もきちんととって、いろいな必要事項を生きてる…ところがこの歌と重なりました。
    そして恵子さんがすまなそうにしてる(わたしは勝手にそう思ってしまいました)ところ、でも強い意志も持っている、でもみんなと違っている。
    そういうものにもこの歌の歌詞に繋がっているように感じました。
     9   0
  • コンビニが人間?コンビニの人間?コンビニで人間?…まぁ、いずれでもよし。暗闇の中で灯りが灯っていたら安心するコンビニで、冬のようにひんやりとした空気をまといながら繰り広げられる人間ドラマ。背筋がぞくっとくるような、迫り来る自分だけにわかればよい世界観をこの唄と共に
     6   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。